f-one GUY大津堅田店 ナビ
f-one GUY BLOG
滋賀 オーダースーツ GUY堅田店 メールでのお問い合わせ
滋賀 オーダースーツ GUY堅田店 アクセス方法
TEL 077-573-1551
おかげさまでエフワンGUY大津堅田店は30周年を迎えました

滋賀 大津 オーダースーツ GUY 堅田

滋賀 オーダースーツ GUY堅田店 メールでのお問い合わせ
滋賀 オーダースーツ GUY堅田店 アクセス方法
TEL 077-573-1551
おかげさまでエフワンGUY大津堅田店は30周年を迎えました
TEL.077-583-7351
First the order suit

初めてのオーダースーツ

First of the order suit learn from failure

失敗から学ぶ初めてのオーダースーツ

#1
仕上がりがイメージと違う

オーダースーツを作る際に一番の工程となる「生地選び」。
ここで大きな問題となるのが、スーツの形ではなく、生地見本で生地を選ぶということ。特にストライプや格子柄、艶や光沢のある生地はイメージと仕上がりに誤差がでてしまいます。

対策
  • オーダーメイドに慣れるまでは、生地見本ではなくスーツ現物から選ぶ。
  • スーツ生地を肩からかけて仕上がりをイメージする。
  • 生地は室内だけでなく、外の日光の下でも確認する。
    ※本来の発色・光沢を見る
#2
初めてのオーダーメイドは
リーズナブルなものを

せっかくオーダーメイドをするのだからと高価な生地や素材にしようするのは、とてもリスキーなことです。「仮縫い」工程のないイージーオーダーやパターンオーダーでは、特にリスクが高まります。初めてのオーダーメイドでは、何かしらの不満が出てしまうのが常です。

対策
  • 初めてでも気を入れすぎず、比較的安価な生地、無難な素材、オプションも付けず作成する。
#3
裏地の選択を誤ってしまう

これには個人差がありますが、暑がりで発汗の良い方が吸湿性のないポリエステルを裏地にしてしまうと蒸れてしまう。特に冬場等は寒いからと、この仕様で作成し、実際は室内の仕事が多く感覚以上の汗をかいてしまう。

※イージーオーダーやパターンオーダーの場合、通常はポリエステル裏地が標準です。

対策
  • 裏地にはキュプラやキュプラ混紡生地等の吸湿性の高い生地を選ぶ。※体質や仕事に合う仕様を考えて生地を選ぶ
  • 胴裏だけでなく、袖裏やパンツの裏地にも注意が必要。

※ポリエステル仕様でも、夏用の機能生地等もあります。

#4
長く着ることも視野に入れてオーダーする

高級な細番手生地は見た目がキレイで着心地も非常に軽いのですが、欠点として耐久性が非常に低いものです。特に最近流行の薄い生地の使用には注意が必要です。

※ビジネスシーンでの目安はSUPER 120'Sよりも薄いかどうか。デスクワークが多い方はパンツの劣化に注意。この様にシーンに合わせた生地厚選択をしましょう。

対策
  • ビジネスシーンでは高番手の薄い生地は使用しない。
  • 高番手で打ち込みの弱い生地(少量の細い糸で織られた生地)は非常に弱いので注意。
#5
オーダーメイドに強い流行を入れすぎて後悔する

オーダーメイドということでこだわりすぎて、ステッチを一部目立つ色にしたり自己主張の強いディテールにしてしまうと、流行の時期が過ぎてしまった後に「長く着れるスーツ」とこだわりを混合してしまったことに後悔をします。

対策
  • 「長く着たい」「こだわりたい」等の目的や仕様を混同しないよう、そのスーツの後先を考える。
#6
オーダースーツ採寸時の着用シャツに注意

オーダーメイドスーツの採寸の際に着用しているスーツはとても重要になります。特に袖丈は重要で、その時に着用しているシャツに合わせたスーツが出来上がることが多々あります。

※テーラーはもちろん腕の実寸も測りますが、シャツの袖丈の好みに合わせようとする傾向が強いのです。

対策
  • 採寸する際には普段スーツを着るときに着用している適正サイズのシャツを着ていくようにする。
  • 不安がある場合にはシャツのサイズに関しても、テーラーに相談する。
#7
スーツ裏地を派手にするとベストも派手になってしまう

三つ揃いのスリーピースでオーダーメイドをする際に注意が必要となる裏地。オーダーメイドスーツの場合、ジャケットの裏地をベストの背中表面生地にそのまま使用するのが通常です。

このことからもスーツジャケットに派手な裏地を選び、気にせずオーダーを進めてしまうと、ジャケットを脱ぎベスト1枚になった時にビジネスシーンで背中だけ目立ってしまうことになります。

対策
  • ジャケット裏地を選ぶ際は、ベストの背中をどうするのかを考える。
  • 場合によりベスト背中の生地を別の生地で指定する。
#8
雨や強い湿気でジャケットの接着芯が剥離する

スーツのジャケットには表面生地と裏地の他に構築的なフォルムを保つ為の毛芯という芯材が使用されています。この毛芯とスーツの生地を繋ぐ方法として接着剤が用いられている場合(接着芯)、雨や強い湿気によりスーツ生地が剥離して生地に水ぶくれのような醜い模様が浮かび上がってしまうことがある。

対策
  • 安価なオーダーメイドスーツの場合はこれが接着芯のみの仕様になっていないか確認する。
  • 最低限、接着芯の仮止めから機械で縫い上げるタイプの物を選択する。
#9
スーツ受け取り時の試着は
細心の注意を払う

生地から素材、サイズ感やディテールまで自らが選びオーダーしたスーツが仕上がり試着した段階で、縫製時のサイズミスや店舗工場間の指定ミス等を見逃してしまうケースが多くあります。もちろん後の修正でも応じてくれる店舗が殆どですが、できる限りこの受け取り時に浮かれず、間違いがないか細心の注意を払い試着することが大切です。

対策
  • 自分が細かく指定した部分を注意して確認する。
  • サイズ、着心地に違和感がないかを確認する。

※ディテールに関しては分かりやすいですが、サイズに関しては採寸表と仕上がりを店舗で再確認してもらう。

#10
目的や想いを込めてその1着を作ること

フェアやキャンペーン等のお知らせで、ついつい何も考えずにスーツをオーダーしてしまい、気が付くと「こんなスーツ作ったっけ?」なんていうことが起ってしまうことがあります。悪い事ではありませんが、「スーツを作る楽しみ」よりも「良いスーツを着る楽しみ」という考えを持って、長く良いスーツを着続けるのも醍醐味のひとつです。

対策
  • こんなスーツが着たいという具体的なイメージを持ってオーダーメイドする。
  • 今の自分、自分のどのようなシーンにどんなスーツが必要なのかをイメージする。
  • 今のワードロープに自分のイメージしたスーツと似たものが存在しないか確認する。
D-GUY
RAKUTEN SHOP
GUY KATATA
GUY GROUP